ブックメーカーで勝つ人と負ける人の試合予想の傾向とは

試合予想

ブックメーカーとは、スポーツの勝敗を予想し、当たった場合には配当が支払われるといるギャンブルの一種です。

ブックメーカーはギャンブルの中でも、勝つ人と負ける人の違いが大きく分かれる傾向が強いです。勝つ人と負ける人の賭け方の違いにはどんなところなのでしょうか?

ブックメーカーで 負ける人は、オッズにばかり注意が行ってしまっている人です。自分は現在どのくらい負けているか、勝っているか、どのチームに賭ければいくら儲かるのかといった事ばかりが気になってしまうのです。数字ばかりに目が行って、肝心の選手の事が余り見えていません。

一方で、勝つ人は情報収集を怠りません。チームの最近の試合結果はもちろん、選手成績など、集められる限りの情報を用いて予想を立てます。

勝負は水物なので、時には外れることもあるでしょう。しかし、そういったイレギュラーな結果は多くありません。長い目で見れば、勝率五割以上をキープできるので、最終的には黒字になるのです。

球技

ベットの配当からブックメーカーで勝つ人と負ける人がわかる

テニスプレーヤー

ギャンブルをする人の多くが勝つことしか考えておらず、利益を追求していますので、つい配当のことばかり考えてしまうことが多くなります。

正当な評価をして良いオッズがあったとしても高い倍率に目がくらんで、そちらの方に賭けてしまい、結果負けてしまうことも多いです。そのような差こそが勝つ人と負ける人の差になることがあります。

正しい目で見て、冷静に判断をすることが大切です。 オッズ倍率が高ければそれだけ配当金を多く得られるチャンスになり、そのようなベットばかりしていると勝率も落ち込んでしまいます。あくまでもギャンブルは積み重ねが大切であり、負けることを少なくするのが重要です。

ブックメーカーにもそれは同じことが言えますので、低い倍率であったとしてもコツコツとベットを繰り返すことで利益も増えていきます。むしろブックメーカーはそのような遊技になりますので、一発を夢見ないで、地道に攻めていくことが勝率を上げるようにしましょう。

オッズを提示するブックメーカーで勝つ人と負ける人の違いとは

ネット

ブックメーカーはヨーロッパで政府のライセンスを得た企業が運営していますが、ヨーロッパでは街のいろんな場所に店舗があるので、気軽に賭けに参加することができます。

ブックメーカーの業者がお客さんにオッズを提示し、お客さんのベットを募ります。 オッズは賭けの参加者によって変わることはないので、一度決まったオッズが変更することはありません。

ブックメーカーでは、勝つ人と負ける人がいますが、やはり負ける人はデータを分析せずに勘で賭けていることが多いです。 勘でもある程度勝つことはできますが、確実に儲けをだしたいならば、しっかりデータを分析することが大事です。 試合の対戦成績や選手の今現在の調子などをしっかり知っておけば、より勝つ確率が高くなります。

ブックメーカーを、毎日少しでもいいので利用することもとても大事です。 毎日利用していれば、次第に勝てるコツがつかめるようになります。 焦らないで時間をかけてデータをとるといいでしょう。

欧米のブックメーカーで勝つ人と負ける人の特徴について

ラケット

ブックメーカーは、欧米では合法国もあり、最近は日本人プレイヤーも増えています。なぜ増えているのかというと、他のギャンブルよりも公平で、とても勝ちやすいからです。

配当率は高く、日本のギャンブルのように控除率が高くありません。したがって、単純にギャンブルとして優秀です。また、単にそれだけでなく、一般のスポーツも投票の対象となっているため、スポーツが好きな人が楽しめる点も、人気を集めている理由です。

ただし、そうはいってもブックメーカーはギャンブルであり、予想を外せばリターンはゼロです。必然的に、勝つ人と負ける人がいます。その違いは、やはり賭け方にあるでしょう。負ける人は、その時の気分で適当に投票を行います。たまたま当たることもありますが、一貫した考えに基づいていないため、トータルで見ると負けに近づきます。

一方、勝つ人は、きちんと一定の理論に基づいて、機械的に投票をしています。そのため、感情的にならず冷静でいられるので、勝つことを可能としています。負けている人は、投票方法を見直すようにすると、勝てるようになります。

ブックメーカーに賭ける